タイムシェアとは

リゾートを楽しむ新しいカタチ

「タイムシェア」とは、ひとことで言うと「ホテルルームやコンドミニアム・スタイルなどのお部屋に1週間単位で滞在する権利」のこと。「バケーション・オーナーシップ」や「ホリデー・オーナーシップ」などとも呼ばれています。宿泊施設の種類は、ホテルの部屋からデラックスなコンドミニアムだけでなく、山小屋から一軒家の豪邸やお城、大型クルーズ船やヨットまでいろいろなタイプがあります。

「タイムシェア」のお値段はリゾート施設のタイプなどによって違いますが、アメリカ国内では1つのお部屋を1週間利用できる権利が約2万ドル以上から売り出されています。一般的には年間$1,000前後の管理費で、ご利用いただけます。

「オーナーになる」ということは、購入したお部屋の権利が不動産として正式に登記されるため、資産として相続することもできるし、もちろん売却することもできます。日本国内のリゾート会員権などと根本的に違うところは、1つのお部屋の1年の利用権を1週間ずつに区切る事です。ちなみに、1年間に1週間だけは部屋の改装や修理にあてられることがアメリカの法律で義務づけられています。つまり、オーナーシップなので会員権の過剰売却などによる問題は起きず、資産性も大きいと言えます。

1

リゾートに「暮らす」をテーマに考えられた
バケーション・スタイル

まるでその地で暮らすようにバケーションを楽しむことができるのがタイムシェアです。施設によっては、冷蔵庫、食器洗い器、炊飯器、調理器具も全て揃っているので部屋で料理することも可能です。地元のスーパーなどで食材を仕入れて、お部屋での料理をお楽しみいただけます。

2

選べるスタイル

「タイムシェア」に「いつ泊まるか」に関して、「フィックス」と「フロート」の2種類があります。「フィックス」は文字通り「決まった」時期に滞在する「週指定」のオーナーシップ。部屋をより確実に確保できるため、仕事などの関係で決まった時期しか休みが取れない人には便利なタイプといえます。「フロート」は、予約によって滞在したい週を指定するタイプです。

3

1週間単位の所有でリーズナブル

毎年バケーションを楽しまれる方でも、リゾートコンドミニアムの一部屋を所有するよりもリーズナブルなのがタイムシェアのバケーションスタイルです。週単位であれば何口でも所有できるので必要な期間をご自分の部屋にしていただけます。

4

永代所有の財産

購入いただいたリゾートは、通常の不動産と同様に土地・建物を州政府に登記し権利書が発行され、永代所有できる財産となります。この所有権はお子様からお孫様へと代々お譲りいただけます。また、毎年年間管理費※などをお支払いいただきますが、お部屋の維持管理に悩む必要がないのもタイムシェアの利点です。

※年間管理費の内訳は、固定資産税、共益費、各種保険料、光熱費、修繕積立金、クラブ年会費、消費税などです。
また、ご購入後は年間管理費のほか、ご予約手数料や宿泊税が必要です。

リゾートTOPに戻る